サイトマップ

勃起不全を改善するために知っておきたいED治療費のこと

HOME » 勃起不全について詳しく知る » 考えられる原因

考えられる原因

ひとくちにEDといっても、まったく勃起しない重度から、たまに勃起しない軽度まで、様々な症状がある。勃起には、神経系と血管系が大きく複雑に関わっている。
正常な勃起の仕組みは、性的な刺激や興奮が神経を通り、脳に伝わり、陰茎海綿体の血管が拡張され、そこへ血液が流れ込み、勃起するというメカニズムだ。

ところが、神経にうまく性的な刺激が伝達しなかったり、陰茎に血液が十分に流れ込まない状態になると勃起しない状態になる。神経や血管に些細なダメージを受けるだけで、正常な勃起ができなくなるのである。
思ったより、男性の体はデリケートにできているのだ。なので、誰しもEDになる可能性がある。原因は人それぞれで、ストレスや悩みなどの心因性から、病気、生活習慣も深く関係している場合がある。

焦りは禁物

長年連れ添った相棒が、ある日突然いうことをきかなくなる。そりゃ、焦るであろう。「お前、どうしちゃったんだよ…」。しかし、ここで自分を責めたり、焦ってはいけない。
どんどんドツボにはまってしまう可能性があるのだ。もちろん、恥じる必要もない。世の中には、EDに悩む男性はたくさんいる。

50~60代の2人に1人が、なんらかの勃起障害があると診断されているのだ。現在では専門の医療機関も増えているし、勃起を助けてくれる治療薬も簡単に処方してくれる。
相談するだけでも心が軽くなって解決するケースもある。焦らず、心を落ち着かせてひとりで溜め込まずに病院へ行ってみよう。

主なEDの原因

  1. 加齢
    性欲とともに勃起力も衰える。糖尿病や高血圧などの生活習慣病があると、スムーズな勃起ができない場合がある。
  2. 乱れた生活習慣
    不規則な食事や睡眠、運動不足や喫煙、大酒飲み、働きすぎなども勃起に支障をきたす。
  3. 心因性
    慢性的なストレスや不安、うつ状態なども勃起不全と大きな関係がある。若年層に多い。
  4. 神経系の障害
    脳出血、脳腫瘍、アルツハイマー病などは自律神経障害を起こし、勃起不全の原因となる場合も。
  5. その他の病気
    前立腺系の病気、精巣の異常、泌尿器系の疾患。また、膀胱ガンや直腸ガンなどの手術で、周囲の血管や神経を傷つけた場合もEDになる可能性が。

思い当たることがあれば医師に相談を。自分で改善できることは実行するべし。

 
ページの先頭へ

Copyright © 気になるED治療の費用を検証 All Rights Reserved.