サイトマップ

勃起不全を改善するために知っておきたいED治療費のこと

HOME » 安心して効果を得るためのED治療薬に関する基礎知識 » ジェネリックは信用できるか

ジェネリックは信用できるか

偽造ED治療薬の画像

まずは上の写真を見てほしい。

これはED治療薬として購入されたものだ。一見すると、普通の薬のように見えるだろう。しかし、普通ではない。実はこれ、海外製の悪質な未認可ジェネリック、つまり偽造品なのだ。

ED治療薬はネット購入の6割が偽造品

ED治療薬を入手方法は2つある。1つは、クリニックの診察を受け、処方してもらう方法。もう1つは、個人輸入業者を利用してネットで購入する方法だ。

一般的には、クリニックに処方してもらうケースが多い。しかし、EDだと申告するのが恥ずかしかったり、少しでも薬代を抑えようと、ネットで購入したりする割合も一定数存在する。しかし、はっきり言おう。個人輸入業者を利用してネットで購入するのは危険だ!

どんなにEDが恥ずかしかったり、薬代を抑えたかったとしても、絶対にネットでED治療薬を買ってはならない。なぜなら、ネットで入手したED治療薬の6割が偽造品だからだ。実際に、国内で治療薬を製造・販売している4社が合同で調査したところ、そのような結果が出ているのだ。

特にインドジェネリックは危険だと覚えておこう

ネットで売られている薬が安い理由、それは、多くが海外のジェネリック品だからだ。海外では、独自の手法で大量の薬を製造し、安価に流通させている。特に問題となっているのが、インド製のジェネリックで、これがかなりの割合を占めている。

インドでは、もともと特許に関する独自の事情があり、世界ではまだ認められていない薬のジェネリック品を製造することが許されているのだ。大量に製造し流通するぶん、質の悪いものも多く、インド製の粗悪なジェネリック医薬品が世界でも問題となっている。

一見、本物のような見た目であっても、認可されていなければ、それは偽造品、偽薬だ。実際に、低血糖による昏睡や痙攣など、重い副作用があると被害が多く報告されている。

とはいえ、専門家でもない限り、ジェネリックの中身を正しく把握することは不可能であろう。

「きっと大丈夫だろう」「ある程度効果があればいい」

利用する人はそんな軽い気持ちかもしれないが、危険性の大きさから考えると、絶対に手を出してはいけない!

これがED治療薬の偽造品だ!

ED治療薬には、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類がある。このすべてについて偽造品が流通している。それぞれの偽造品にどういう特徴があるのか解説しよう。

偽造バイアグラ

偽造バイアグラ画像

バイアグラは最初に作られたED治療薬であり、知名度も抜群。そのため、もっとも多くの偽物が作られ出回ってもいる。偽造品のレベルも非常に高く、素人では正規品と区別がつかないほどだ。錠剤の形だけで判断するのは非常に困難で、それだけ精巧に作られている。上の写真のように、透明の袋に入れ替えられているものは高確率で危険なので、覚えておこう。

偽造レビトラ

偽造レビトラ画像

レビトラも、バイアグラに負けないほど、多くの偽造品が出回っている。レビオラは10mg・20mgのものしか作られていないにもかかわらず、ひどいものになると、100mgの数字が刻印されているものまで…。そのような分かりやすいものは別として、より本物そっくりに作られているものは素人が判断するには、不可能に近いといえる。

偽造シアリス

偽造シアリス画像

近年、偽造品のシェアを急速に拡大しているシアリス。本物は、食事の影響も受けにくく、24時間効果が続くことから、人気が出ている。それに伴って、偽物の量も増えているという背景がある。シアリスの偽造品の中には、本来シアリスに含まれる成分がまったく入っていない、本当に正体不明の錠剤も発見されている。そのレベルに至っては、もはや薬とは呼べないだろう。本来ならば淡いクリーム色をした錠剤のため、色が濃すぎるものやくすんだものは、注意が必要だ。

クリニックならどこでも大丈夫?いやいや、そんなことはない!

ネットを利用した購入が危険なら、クリニックを利用すれば大丈夫だろうと思う人がいるかもしれない。はたして、本当にそうだろうか。

なんと残念なことに、上記の偽ED治療薬は、とある有名クリニックから処方されたものである。

海外製の悪質なジェネリックを処方しているクリニックがある

本当に稀なケースだが、注意した方がいいクリニックがある。それは、格安のジェネリック品を処方するクリニックだ。

ジェネリック品で安さをウリにしているクリニックの中には、驚くべきことに、日本では認可されていない、海外製のジェネリックED治療薬、つまり偽薬を処方しているところもある。

本来なら、健全な薬を処方するべきクリニック。しかし今、怪しい個人輸入だけでなく、正式なクリニックでも、こういう安価な海外ジェネリックを処方していることがある。そんなクリニックに当たらないために、どういう点に注目したらよいのだろうか。

こんなクリニックには要注意!

1.薬が入っている袋・ケースが怪しい

通常、錠剤の薬は、銀色のアルミのシートに入っている。取り出すときに背中部分をプチッと押すタイプだ。しかし、偽造品の場合、このような透明な袋には入っていない。正しい製造工程を踏んでいないため、簡易な袋やケースに入っているだけである。

2.薬の名称が明らかにされていない

たとえ、ジェネリック医薬品であったとしても、日本製のジェネリック品であれば名称を公にしている。しかし、海外製のジェネリック品は、怪しさを隠すために名称を公表していないことが多い。利用者側でも、何の薬なのかしっかり確認する必要がある。処方している薬を明記していないクリニックは要注意だ。

3.薬の名称を聞いても教えてくれない

薬の名称が明らかにされない場合、直接、担当医師に聞くことになると思う。そのときにはっきり答えない場合や、話をはぐらかす場合は、問答無用でクリニックを変えた方がいい。やましい薬を使っているからそのような態度になるのだが、薬の名称という大事な情報を患者に伝えないクリニックは言語道断だ。

製薬会社が運営するサイトでチェックしよう

シアリス・バイアグラ・レビトラの販売元である各製薬会社は、正しいED治療と治療薬の知識を啓蒙するためのサイトを運営している。

シアリスの発売元である日本新薬が運営している「EDケアサポート」、バイアグラの製造販売元であるファイザー株式会社が運営している「ED-info」、レビトラの製造発売元であるバイエル薬品では「EDネットクリニック.com」がそれにあたる。

さらにこれらのサイトでは、シアリス・バイアグラ・レビトラの正規品を扱っているクリニックが紹介されてており、地域ごとに検索ができる。この3つのサイトで、自分が利用しているクリニックを一度調べてみるとよいだろう。

EDケアサポートのHP画像
引用元:EDケアサポート(http://www.ed-care-support.jp/search/)

ED-infoのHP画像
引用元:ED-info(http://www.ed-info.net/search/index.html)

EDネットクリニック.com
引用元:EDネットクリニック.com(http://ed-netclinic.com/hosp/)

日本全国を広く扱っているので、大きな施設はもちろん、小さな施設も詳しく紹介されているぞ。もし検索してもヒットしない場合、理由は2つ。

  1. そもそもシアリス・バイアグラ・レビトラの正規品の取扱いをしていない。
  2. シアリス・バイアグラ・レビトラの正規品を扱っているが、未認可の海外製ジェネリックも使っているため、審査が通らなかった。

つまり普通に考えれば、ED治療を行っているクリニックが、このHPに掲載されていないはずがないのだ。万が一、あなたが利用しているクリニックが載っていなかったときは、どんな薬が処方されているのか、医師へすぐに確認してみよう。そこではっきりとした答えがなければアウトだ!あなたが知らないうちに、危険な未認可ジェネリック薬を渡されている可能性が高いぞ。

最後に

多くの人にとっては自分には関係のないことだと思うかもしれないが、実際にはそのような危険性のある薬はとても身近にある。ネットを利用して薬を購入することはもちろん、あまりにも安価なジェネリック品に手を出すことも絶対に辞めた方がいい!

 
ページの先頭へ

Copyright © 気になるED治療の費用を検証 All Rights Reserved.